働くリスクと闘うママたちへ

看護師の勤務体制を見直しましょう

夜勤で働くリスク

看護師はシフト制の勤務が多くほとんどの場合、シフト制になっています。
しかしそれらは手当てが支給されるといったメリットがある一方で、健康被害が起こってしまうデメリットもあります。
健康被害として考えられるのは、睡眠障害です。
体内時計と昼夜のサイクルが一致しまにために起こる障害であり、昼間に強い眠気に襲われたり、朝方近くまで眠る事が出来なかったりといった不眠の症状が起きてしまうのです。
また看護師は夜勤だけでなく、日勤の業務もあるため、その際に眠気に襲われてしまうと仕事にも悪影響を及ぼしてしまう事になります。
他にも乳がん前立腺がんを発症してしまうリスクが高くなる事が、分かっています。
夜勤をしていると、日勤に比べてがんを発症してしまう率が約3.5倍あり、他にもうつになりやすく免疫力が低下してしまうといった人が多い傾向にあります。
そういった健康被害をなくすためには、睡眠を促す薬に頼るといった方法があります。
しかし薬に頼る事なく睡眠障害を克服したいと考える人も多いでしょう。
そんな方が出来る方法は、勤務体制の見直しです。
睡眠障害が夜勤によるものならば、その状態をずっと続けていく事はとても危険な状態にありますので、すぐに対処する必要性があります。
看護師の中でも特に女性の方は、仕事だけでなく家事や育児を伴う事がほとんどです。
そのため勤務体制をただちに見直し、体に負担をかかる事のないように心掛けるようにしましょう。
夜勤によるデメリットや対策を詳しく知りたい方はこちらへ⇒《夜勤による健康被害とは?》

広告を非表示にする